11053122_894744647262314_4113530468947036902_n

 

ペンダント照明/ Pendant Lighting

 

構造美が映える照明器具です。

 

細い鋼線で内外2重の層を作り、その間を三角形の樹脂パーツで繋いだ構造体となっています。

鋼線のみでは形が定まらず、手に負えないゆるキャラさながらのシルエットですが、
鋼線の交点を結ぶ三角形一つひとつのサイズを導き、規則性を持って結びつける事により、

全体が引っ張り合い、結果、球体となり張りのある形となります。

 

部材の構成は、2D上では計り知れない部分ばかり。
フルオーダーの極みと言ってしまいたい程に、長さ、角度、形、順序の全てを、

アナログ作業で現物を作っては検証の繰り返し、経験と知恵、想像力、

制作メンバーとの試行錯誤の賜物となっています。

 

中心に光が灯されると、規則的に配置されたパーツを光が通り抜け、

壁面一面にカラフルな影がひろがり、別世界を演出しています。

 

ubushinaといえば伝統工芸。というイメージをお持ちいただいているかと思います。
もちろん、その筋のエレメントは溢れていますが、こういった、手と頭をフル回転させ

創意工夫しながらつくりあげるプロジェクトも、ubushinaらしさのひとつです。

This pendant lighting is characterized by its beauty of the structure. The two inner and outer layers consist in two fine steel wires, linked with triangle resin parts.
When of only steel wires, it cannot stay in a fixed form, but gets fixed in a round and spherical form when linked and stretched with the carefully-designed triangle parts among the intersections.
Obviously, this structure was beyond the description in 2D, therefore the members need to put all our best knowledge, experience, imagination and the efforts of so many trial and error… Yes, this is “THE Bespoke” artwork!!
When lighted up in the center, the light goes through to the uniformly-located triangles and gives colorful shadows over the wall and make there a place with a special mood.
You would probably recognize Ubushina as a specialist of “Traditional Japanese Techniques/Craft”, but we are NOT ONLY that - This kind of artwork/craft which requires brains and hands at 100+% is also the speciality of us!!