#10-1

 

#10-2

 

#10-3

電気鋳造

 

簡単に言うと、メッキ技術の一種で電気分解した金属イオンを型へ付着させ

型を忠実に複製する加工技術です。


型からメリメリっと剥離させたものが完成品になります。

 

表面の転写精度は1μm(マイクロメートル)以下。

ちなみに1μm=1/1000mmなので、手の指紋や和紙の質感など細かいテクスチャーを

再現するのが得意で、古くから印刷板やレコードの原盤の製作に使われてきたというから驚き!!

 

素材は銅、ニッケルなどが中心で、仕上は着色・塗装・メッキなど様々。

エンブレムやジュエリー、ラベルなど身近な物に使われているのですが、実はインテリアの業界では

まだまだ経験値がありません。

 

だからこそ、可能性を秘めた電気鋳造技術。

これからの展開が楽しみです。