#83-1

 

#83-2

 

#83-3

レーザー加工

 

切削したい対象物にレーザー(光)をあて、従来の刃物や切削機では不可能な機械加工を行なう目的で作られました。

 

さかのぼる事約100年前、アインシュタインがレーザーの基本概念である「光の誘導放出論」を提唱してから現在にいたるまで様々なレーザーが開発されその数は数百にも及ぶと言われています。

 

インテリアの業界では、木や金属、アクリルやガラスなど様々な物に細かい彫刻施す際使われています。

 

今回は桐箱の表面に伊勢の型紙をアレンジしてレーザーで加工してもらいました!

 

熱で焦がすというイメージがあるため、木工に対してはNGとされてきましたが、機械の調整によってここまで細かい表現も可能です!

Laser machining process was developed to enable fine cutting by laser, which could not be possible with previous knives or cutting tools.

Since Einstein’s theoretical discovery of "Stimulated Emission", the base theory of LASER about a hundred years ago, various lasers have been developed and now the number is said to become hundreds.

At interior field, laser is used to process detailed engraving on material e.g. wood, metal, acrylic resin and glass.

This time, we tried out laser engraving on wood - an ISE-KATGAMI paper’s arranged detailed patterns on the surface of a paulownia-wood-made box.

Laser on wood was not thought good so much due to the image of burning wood by heat, but now, by tuning the laser machine, such detailed processing and delicate expression as shown here become possible!