#17-1

 

#17-2

 

#17-3

 

#17-4

 

#17-5

 

#17-6

 

#17-7

錺金物

 

銅や真鍮の金属板に金槌で鏨(たがね)を打込み、直線・曲線・点・文様を打出し

表面を装飾していく、彫金という金属加工の技術です。

 

皆さんの身近なものとしては、御神輿や神社仏閣、仏壇などの装飾金具に用いられています。

 

鏨が錺職人の命と言われ、モノを作るときは鏨をつくることから始まり、

その数は何百種類とあるそうです。

道具こそ職人技の決め手!どの素材・技術にも通ずる所です。

 

小さな金槌と鏨だけを用いて、目にもとまらる早さで鏨を打ちこみ、その作業はとてもリズミカルです。

工場に伺うと、トンカン トンカンという音色で出迎えてくれます!

 

錺金物は、平面・立体どちらも得意な素材で、様々に応用が出来ます。

繊細な装飾が旨味でもあるので、家具・照明パーツなどのディテールの味付けや、アートとしてなど、

幅広い試みができると思います!

 

ちなみに、「かざり」は 「錺」と表記し「飾」とは違う漢字をつかいます。

「錺」は金に芳しいというつくりなので、金属素材の装飾はこの「錺」の漢字を用い、

その他の素材では「飾」を使うそうです。