#58

鋳物

 

店舗オリジナルの紋様をアルミ鋳物で制作したタイルです。

 

鋳物は、仏具、茶道具、灰皿、置物、鍋、水道の蛇口、マンホール、、、
日常生活のあちらこちらに使われています。

 

人類が金属の使用を始めた当初から使われていた技法とも言われ、現代では、銅、鉄、錫、真鍮、アルミなどが使われます。

 

加熱して溶かした金属を型に流し込み、冷えて固まった後、型から取り出し、用途によって研磨や着色などの工程を経て完成となります。その工程には、原型はもちろんの事、溶かした金属が流れる道までも緻密に考えられた型が必要となり、そこが工場独自の技術でもあります。型の肌を活かした、鋳肌仕上げもオススメです!

 

古くからあるこの技術。伝統的な表現はもちろん、創造性を膨らませてオリジナルに挑んでみませんか?