#64-1

 

#64-2

 

#64-3

鍛造

 

金属を叩いて形をつくりあげる方法です。

 

コークスで赤くなるまで加熱し、柔らかくなった金属を、機械やハンマーで叩きながら、延ばしたり、曲げたり。叩いているうちに冷えて硬くなってきてしまうので、また熱して、叩く。
硬い金属が、熱と職人の手によって刻々と変わっていきます。

 

門扉などの、鉄の角棒がねじられているような物はイメージしやすいかと思います。

 

そういった鉄の造形をロートアイアンと呼んだりもします。

 

叩く事で、金属内部の密度が高まり、粘り強さがでるので、強度も高まるというメリットもあります。

経年変化を考えると塗装等の仕上げをした方がよいですが、素地のまま鉄らしい深みのある色味と質感は、

とっても魅力的でオススメです。

 

立体をつくる事はもちろん、平面使いで什器や壁面パネルにも。

 

無機質だけど、無機質すぎない、、控えめな様でいて、実は存在感ばっちりなマテリアルです!