12993469_1036212853115492_323214518227718882_n

12974376_1036213209782123_7822819384974044408_n

13001173_1036224033114374_5296557086073013019_n-1

大工技術として使われる、継手・仕口。


その違いを、ご存知でしょうか?


継手:材料を長手方向に継いでいく


仕口:2つの材を角度を持って接合する


ということだそうです。

 

神社仏閣の建築でよく目にする木同士の接合、その継手・仕口を材料を変え、木とアクリルという異素材で製作してみると、アクリルの透明なところから構造体が見え、思わず覗き込みたくなってしまいます。

 

先日オープンした、東急プラザ銀座の4Fにあります、EVホールのアートワークでは、木材とアクリルを継手で接合し、アートワークとして製作をしています。

 

3層に分かれた継手の面、覗き込んでどのように接合されているか、じっくり見てみてください!